リフォームローン審査をパスするための注意点

ローンを組んで支払う

申し込める年齢が決まっている

リフォームローンを申し込める人は、20代から70代と決まっています。
ほとんどの人はこの年齢に当てはまっているでしょうから、年齢の審査は簡単に通過することができると思います。
しかし80歳になってから、暮らしやすい住宅にするためリフォームをしたいと考える人が見られます。
その場合は、年齢の条件に当てはまる人に代わりにリフォームローンを申し込んでもらうなどの工夫をしてください。

人間は年を取れば身体の機能が失われていくので、普通の住宅では生活を送りにくくなってしまいます。
ですから、リフォームをして身体が弱くなっても変わらず暮らせる住宅にすることが重要です。
審査をパスするためには、まず自分が年齢の条件を満たすか調べましょう。

一定の収入がある人

リフォームの代金を支払うためには、ある程度の収入が必要です。
収入があることが、リフォームローンを申し込む時の条件になります。
ですが働き初めて間もない人は、辞める可能性があります。
すると収入が無くなるので、ローンを返済することができません。
そうなったら困るのでリフォームローンを組めるのは今働いている会社に、2年以は勤めている人に限定されています。
2年以上働いている人であれば辞める心配や、急にクビになる危険性がないのでローンを返済できると判断されます。

働いて2年が経過していない時は、リフォームローンの審査を通過するのが難しくなります。
もう少しで2年になる場合は、その時までリフォームするのを待った方が良いです。


この記事をシェアする